内視鏡検査後に発生する大腸癌を内視鏡後・大腸癌(PCCRC)と呼びます。原因は「ポリープの見落とし」です

⇒実は日本は海外よりもPCCRCが多い

当院の取り組み

68項目の改良
を進め2015年以後は内視鏡後・大腸癌は無くなり、2018年から「補償制度」を開始



お支払額
 ランク
ポリープの数 
1年
以内に大腸癌 
 2年
以内に大腸癌 
 3年
以内に大腸癌 
 4年
以内に大腸癌
A     3千万 2千万   1千万 500万円 
 B 1〜2  2千万  1千万円   500万  100万
 C   3〜4
 1千万円  500万   100万  
 D  5〜6  500万  100万   30万
 E 7個以上 or 粘膜内癌 ・高度異型
or 10ミリ以上 or 陥凹型
 100万 30万 2023年8月 一部修正
 永久
E
aFAP,HNPCC、SPS
ポリポーシス症候群
 100万 30万 アスピリンを検討してください
詳しく・・
例外  炎症性腸疾患の方、35歳以下の方、75歳以上の方、日本人以外の方 原則としてEランクになります(理由
(1)洗浄不良(2)憩室が多い(3)腸が長く屈曲が多い、収縮が強い、癒着が強い(4)手術後(5)痔がひどい等、「死角がある・観察条件が不良」の場合や体質的にリスクが高い方はランクが落ちます。
  対策は こちらをお読みください
●趣旨は(1)医師が、患者さんとリスクを共有することで精度を上げる(2)内視鏡後・大腸癌の確実な追跡調査です。お支払いの詳しい条件は、こちらを。
2018年3月〜2023年11月で、14,344名( 内訳と全カルテ番号)が 精度保証内視鏡を受けました
内視鏡後・大腸癌の発生数
請求・支払いの件数
0名
集計法(専門家向け)
PCCRC-Rateは0/17
 日本のトップ レベル医療機関
同数の方が検査を受けた場合の発生数(

 20名
厚生省研究・JPSを基に
700分の1で計算
内視鏡を全く受けなかった場合  54名 
NPSを基に計算
「他医療機関で癌が診断された場合でもお支払いする」という約束なので「内視鏡後・大腸癌」の確実な追跡調査が可能になります。
)癌専門病院でも1年後に1/700人が「内視鏡後・大腸癌」になると報告されています(⇒詳細


なぜ、ゼロが達成できたか?

「ポリープ発見率」が医師の技術を、「実際の観察時間」が、どれだけ丁寧に検査されたかを表します。
この二つが内視鏡後・大腸癌の発生率を決めます


 

発見困難な平坦型ポリープ(UbUc)の発見率」を
定期的に公開

Ub、Uc型は見落としが多く「内視鏡後・大腸癌の重要犯人」です。

30分以上観察時間を保証( 一般的な医療機関の観察時間は5分前後)。


検査後に「観察時間(抜去時間)」を記録した写真をお渡しします。

●使用スコープの機種(EZ1500DI)と観察時の鎮静剤使用について

観察時間とは⇒内視鏡を抜いてくる(抜去)時間を記録します。     
 
「観察時間」とは抜去時間のことです。挿入は観察には関係せず、挿入の時間は短いほど検査の品質が高い(医師の腕が良い)です。

この情報開示により「発見率〜%の医師が〜分間、観察した」という数字で検査の品質が明白になります。


「大腸癌を早期発見しても死亡率が減少しない可能性(早期転移仮説)」が2019年のNature誌に報告されました。「癌の早期発見」ではなく「ポリープ切除による癌の予防」が重要という意味です。