「腺腫発見率」が医師の観察技術を表します。「抜去(=観察)時間」が、どれくらい丁寧な検査がされたかを表します。

医師の腺腫発見率が高ければ高いほど、患者さんが内視鏡後・大腸癌になる可能性が低下します。これは複数の臨床研究で証明されています(詳しく・・・


 
医師の腺腫発見率が高いと、患者さんが大腸癌になる可能性が下がる
 N Engl J Med 2010; 362:1795-1803



医師の腺腫発見率が1%上がると、患者さんの大腸癌死亡率が5%下がる
N Engl J Med 2014; 370:1298-1306



抜去(観察)時間と腺腫発見率が、比例することも報告されています。どんなに高い技術を持った名医でも、観察に時間をかけなければ精度は落ちます。


 文献:N Engl J Med 2006; 355:2533-2541
日本の専門病院では、一人の医師が1時間に4〜6人の検査を施行するのが普通で、これが見落としが多い原因と考えられています。