ポリープ切除により、その後の大腸癌をゼロにできるか?
その限界を調べるために厚生省の臨床研究「Japan Polyp Study」が行われました。一般の方2767人に、最初の内視鏡でポリープを全て切除し、その1年後に、2度目の内視鏡をします。結果は、4人の方に進行癌が見つかったと報告されました(2767分の4=700人に一人) 。同様の国外の報告もやはり「500〜1000人に一人」という結果でした。

 

 代表的な研究報告  精密な内視鏡を受けた患者さんが、1年後に進行した癌(浸潤癌)が見つかる可能性はどの位か?
日本 Japan Polyp Study   DDW 2014
 1年後の検査で2767人の患者で4人に浸潤癌
700人に一人
米国 National Polyp StudyN Engl J Med. 1993 1000人に一人
Antioxidant Polyp Prevention Study N Engl J Med. 1994 700人に一人
Calcium Polyp Prevention Study N Engl J Med. 1999 450人に一人
Polyp Prevention Trial Study N Engl J Med. 2000 700人に一人
Wheat Bran Fiber study N Engl J Med. 2000 550人に一人
Veterans Affairs Cooperative Study N Engl J Med. 2000   500人に一人
Aspirin Folate Trial7 N Engl J Med. 2003 500人に一人
Ursodeoxycholic Acid study J Natl Cancer Inst. 2005 500人に一人
 上記は「実際に1年後に内視鏡を施行した臨床研究」です。過去のデータをメタ解析したものでは、9千人を調べた2014年のGUT誌 1.1万人を調べた2017年のLANCET誌の報告があり、「計算上(per person-years)」は、およそ600人に一人となっています


1年後で700分の1なら、10年後はどうなるか?

残念ながらJapan Polyp Studyでは長期予後の結果は公表されていませんが欧米からは公表されています。そこで明らかになっていることは・・

定期的に内視鏡を受けても発生率は直線的に累積し、大腸癌死亡率は内視鏡を全く受けない人の半分。つまり半分に減ったが、半分は救命されなかった、という事実です。



文献 N Engl J Med 1993



文献 N Engl J Med 2012