日本でもASAMETの治験が始まった!

現在、大腸癌予防効果が科学的に最も多く証明されているのはアスピリンで、2番目がメトホルミン(糖尿病治療薬)です。メトホルミンの予防効果は横浜市大が2016年に報告しました。

当院では2018年より、「大腸癌ハイリスクの方」を対象にアスピリンの処方を開始しました(詳細)。

メトホルミンについても「対象者を強く限定」して2021年より開始します(詳細)。

以前の記事で紹介しましたが、現在、この二つの薬の併用(アスピリン(ASA)+メトホルミン(MET)=ASAMET)の臨床試験が海外で進行中です

そして日本では横浜市大が、ASAMETの治験を開始しました(文献)。

海外のASAMETでは、薬の効果を「NFκB」で測定します。これにより「簡易で早い効果判定」が可能になります。対して横浜市大の治験では「ACF」という微少ポリープの数で効果を判定します。「NFκB」に比べると時間と手間のかかる方法ですが、「より正確で現実的、より臨床的」な方法です。

アスピリン(NSAID)がACFを予防するという報告は多く、また横浜市大はメトホルミンがACFを予防することも報告しています.。培養細胞の実験では、アスピリンとメトホルミンには「著明な相乗効果」が報告されています(⇒以前の記事)。ですから、相乗効果は、ほぼ確実と予想されますが、その程度がどれほどか?が関心の対象になります。



治験を指導されている中島先生は、以前、東大・第三内科に所属された方で、個人的にも旧知ですが、分子生物学に非常に詳しい先生ですので、今回の研究の結果に強く期待しています。