メトホルミンについて

(1)現状では癌予防効果のエビデンスは、アスピリンと比較すると、「少ない」と言えます。詳しくは「ASAMET」をお読み下さい。

(2)また、アスピリンと異なり「乳酸アシドーシス」という死亡率の高い副作用が起きえます。私(平成元年卒業)が研修医だった頃は、メトホルミンは「危険なので処方してはいけない」というのが教科書の記載でした。「市場から消える」だろうと皆が予想していました・・・・

現在では、メトホルミンが如何に恐ろしい薬か、分子生物学的に解明されています。AMPKという分子を刺激しmTORという分子を抑制し細胞を「飢餓状態」にし死に至らしめます。

そして、この特性こそが重要な癌予防効果になります。当に「毒を以て毒を制す」薬剤と言えます。
詳しくは「老化と癌予防」「栄養過剰と癌」「癌予防薬が癌の原因になる」をお読みください。その他、当院HPの「大腸癌最新情報」⇒「項目別リスト」⇒「ポリープの薬物治療」「アスピリン・メトホルミン」もお読みください。

 以上を踏まえ、メトホルミンは、自己責任で副作用の管理のできる方に限定してお渡しします。アスピリンの処方と同じ方針です。かかりつけの先生が出していただけるなら、それがベストであり、当院から受け取るのは「最後の手段」と考えてください
 具体的には
  • 医師、看護師、薬剤師の方
  • 御自分で情報を集め十分に勉強した方
  • 身内に医師、看護師、薬剤師の方がいて、相談できる方
  に限定します
 乳酸アシドーシスは、空腹時や体調不良時にメトホルミンを服用すると発症します。このような場合(食欲の無い日、脱水、発熱、病気の日=Sick Day)には中止することが肝要です。また肝臓や腎臓に病気のある方は服用できません。その他にも服用の注意事項は、多くあると思いますが、私は糖尿病の診療経験が、ほとんど無いので詳しくありません。
お渡しするのは「第一三共 メトホルミン 250mg錠」で、一箱(100錠入り)X5箱=500錠です。



1日1錠の服用になります。アスピリンを、1箱(500錠)でお渡ししているのでASAMETとして併用・服用し、1〜2年の内視鏡検査毎に、薬を受け取る、という流れを想定しています。

1錠=10円で、原価は5千円になります。これに手数料を上乗せして、7000円(+消費税)でのお渡しになります

入荷する必要がありますので、希望される方は、メールで「メトホルミン希望。〜日に、取りに行きます」と連絡して下さい。

 2020年〜2021年かけて、メトホルミンの自主回収騒動がありました(厚労省記事)。調査の結果、日医工、東和薬品、日本ジェネリック株式会社、大日本住友製薬の4社の製品が自主回収となりましたが、第一三共の製品については、現時点では自主回収の情報はありません。もし、将来、自主回収という事態になった場合は、錠剤を破棄してください。返金の手続きはいたしませんので、御了解下さい。。