ポリープ切除で大腸癌をゼロにできるか?(鈴木雄久)
癌センターなど日本のトップクラスの病院で内視鏡を受け、ポリープを切除しても1年後に、700人に一人が「進行性大腸癌」になります(厚生省の班研究より)。内視鏡後・大腸癌について詳しく・・  私は内視鏡後・大腸癌をゼロにすべく68項目の改良を進めました。2015年以後は内視鏡後・大腸癌は無くなり、2018年からは下記の精度保証を導入しました。


 当院の精度保証システム
<1>腺腫発見率(=検査精度の指標を定期的に公開しています。
<2>検査枠に30分を当て
抜去(観察)時間を記録した写真をお渡しします。
      
「腺腫発見率」「抜去時間」は内視鏡後・大腸癌の発生率と相関します
 「腺腫発見率」が検査の精度を表し、「抜去時間」が、どれだけ丁寧に検査されたかを表します。この二つの指標は内視鏡後・大腸癌の発生率と相関します。この情報開示により「腺腫発見率〜%の医師が〜分間、観察した」という数字で検査の精度が明白になります詳しく・・・

<3>「内視鏡後・大腸癌への補償」が付帯します。
 ランク
ポリープの数 
1年以内に
大腸癌 
 2年以内に
大腸癌 
 3年以内に
大腸癌 
 4年以内に
大腸癌 
 5年以内に
大腸癌 
A  0個   3千万円 2千万円   1千万円 500万円   100万円
 B 1〜2個  2千万円  1千万円   500万円  100万円  30万円
 C   ポリープが3〜4個
 1千万円  500万円   100万円  30万円 15万円(注) 
 D  ポリープが5〜6個  500万円  100万円   30万円  15万円(注)
 E 7個以上 or 初期の癌 or 高度異型
or 10ミリ以上 or 陥凹型
 100万円 30万円 Eランクの方の次回以降の検査について・・ 
 永久
E
aFAP,HNPCC、SPS
その他のポリポーシス症候群
 100万円 30万円 ポリープが多発するハイリスク・グループの方です。診断後はポリープの数に関わらず永久的にEとなります。アスピリンの服用を検討してください(詳しく・・・・
 (1)洗浄不良(2)憩室が非常に多い(3)腸が非常に長く屈曲が多い、収縮が強い、癒着が強い(4)大腸手術後・・・・などの理由で「死角がある・観察条件が不良の場合はランクが落ちます。   対策については こちらをお読みください
また、過去に大腸癌に罹患した方など体質的にリスクが高いと予測される場合もランクが落ちます。
「癌になっても金銭で補償されるので安心だ」という趣旨ではなく「医師が、患者さんとリスクを共有することで検査精度を上げる」のが目的です。「示談と見なされ損害賠償請求を起こせない」という制限などは、ありません。詳しい条件などは、こちらをお読みください。


 内視鏡後・大腸癌の発生数
2018年3月〜2020年2月で、5,800名の方が精度保証内視鏡を受けました。 
2年以内の大腸癌の発生数(補償の請求 0 データの集計法
大腸内視鏡の専門家向けの内容です
 癌センターなど日本のトップ レベル医療機関で
同数の方が検査を受けた場合の発生数
   厚生省研究を基に700分の1の予測値

内視鏡後・大腸癌の正確な調査は難しい
医師が「内視鏡後・大腸癌がゼロ」と言っても、根拠は薄弱です。複数の理由から内視鏡後・大腸癌は、最初に検査した医師とは別の医師に診断される傾向があり「表面化しにくい」からです。そのためポリープ切除の効果を調べる臨床研究では、追跡調査が最大の難問になります。「内視鏡後・大腸癌への補償」は現実的に可能な唯一の正確な調査法になります調査法の問題について詳しく・・・


精度改良で、補償を約束できるようになり、補償請求により内視鏡後・大腸癌を正確に把握できるようになって、科学的なエビデンスが得られた訳です。