ここでは大腸癌のリスクを下げる日常の注意をまとめます。ハイ・リスクの方は、一般の方以上に、これらの危険因子に注意すべきです。

1:お酒を控える。

2:脂肪の多い肉を避ける(鶏肉や魚は大腸癌のリスクにはなりません。霜降りの和牛は最大のリスクです)

3:運動をして内臓脂肪を減らす(あまり知られていないのですが、実は肥満は大きな大腸癌の危険因子です)

4:煙草を止める(特にSPS症候群は喫煙が大きな原因になります)

サプリメントについて
報告により効果が分かれる物が多いです。ブラックボックスであり、基本的にはお勧めしません。例えば、カルシウム剤、ビタミンDは、以前は大腸癌を減らす効果があるという報告があったのですが、最近はSPS症候群を悪化させるという逆の報告もありました。唯一の例外はアスピリンです。これについては「効果がある」という報告しか無く、「大腸癌予防効果は確実にある」と断言できます。

コーヒー
以前から予防効果がありそうという報告があります。2018年 国立がん研究センターが「女性は、コーヒー飲用が結腸がんリスクの低下と関連している」と報告しています。

メトホルミン
糖尿病の治療薬です。アスピリンと同等の大腸ポリープ抑制効果があると2016年横浜市立大学・中島淳先生達が報告しています

その他、以下の物は「予防効果」もなければ「危険因子」でも無いです。期待するべきでもないし、気にする必要もありません
便秘症 下剤の長期服用 下痢症 乳酸菌 善玉菌 食物繊維 腸管洗浄 過労・ストレス