10年以内に薬でポリープを治す時代が来る?

最近、ポリポーシスの患者さんを対象にして分子標的薬でポリープが劇的に減少したという報告が相次いでいます(文献  文献 文献
ポリポーシスの方は数百のポリープができるために内視鏡で完全にゼロにするのが難しく外科手術(大腸の全摘)が選択されます。それなら高価でも「分子標的薬の方がいい」という考えが出てくる訳です

多くの方は、この報告を「ポリポーシスという特殊な病態の方の話」と思うでしょうが・・・そうではありません。
ポリポーシスの方に発生するポリープも、通常の方に発生するポリープも遺伝子変化は全く同じであることが解っています。ポリポーシスの方は「生まれた時から、遺伝子に異常がある」だけ、通常の方は「後天的に異常が起こる」だけの違いで、その中身は全く同じなのです。つまりポリポーシスの方に有効な分子標的薬は通常の方に発生するポリープにも有効なのです。

大腸癌・ポリープの遺伝子異常は、ほぼ100%解明されています(米国のTCGAプロジェクト)
そして世界中の製薬会社(特にベンチャー企業)が、これらの遺伝子異常をターゲットにした新しい分子標的薬の開発を続けてています。コンピューターで分子の3次元構を解析して副作用の少ない新薬が開発される時代になっています

現状では分子標的薬は癌の患者さんを対象にしているため非常に高価です。しかし通常の方に発生するポリープを対象にすれば、大幅なコストダウンが可能になります。また進行した癌を分子標的薬で根治させるのは至難の業です。複数の癌遺伝子が多重変異しているからです。しかし、初期段階(つまり変異した遺伝子が少ない良性のポリープの段階)では分子標的薬で根治させるのは容易なのです

内視鏡でポリープを切除するのは「見えるサイズ」でないと不可能です。しかし分子標的薬なら見えない初期病変も根治しますから「1度、服用すれば10年間は大腸癌にならない」という長期効果も期待できます

では大腸ポリープの発生で最初に起こる遺伝子異常とは何でしょう?
上記のTCGAプロジェクトで(1)WNT系の異常(2)増殖因子シグナル伝達系の異常(3)PI3K系の異常(4)TGFβ系の異常(5)p53系の異常の「5つのシステム異常」が、大腸癌・ポリープの発生に「必須」の要件であることが確認されました

この中でも特に、多くのポリープ(腺腫)が最初に「WNTの遺伝子異常」から始まることが解明されています
多くの研究者が「WNTが最重要ターゲット」であると考えています(文献
治験が進むWNT阻害剤
世界中で多くの種類のWNT阻害剤が開発され臨床治験が進行中です(文献
残念ながら・・・現時点では大腸癌・ポリープに有効性が確認された決定的な報告はありません。
「副作用のために治験が中止」という報告も散見されます・・・

しかし、おそらくは10年以内には大きな進歩があるのではないかと予想します

大腸癌のハイリスクグループの方は・・・それまで「内視鏡でのポリープ切除」という古典的な手段で逃げ切れるか?が重要な問題の訳です

またハイリスクグループの方には「内視鏡でのポリープ切除」と分子標的治療薬を組み合わせるという方針も重要になってくると思います

現在、当院ではハイリスクグループの方(精度保証:永久Eランク)には「アスピリンの服用」を推奨しているのも、このような考えからです。

アスピリンは現在入手可能な、最も廉価なポリープに有効な分子標的薬(COX阻害剤)なのです