SPS症候群はSilent Killerか!?
大腸ポリープは大きく分けて二つに分類されます。腺腫と過形成ポリープです。過形成ポリープは癌化しない無害なもので治療せずに放置でよいというのが過去の常識でした。しかし、2013年頃から過形成ポリープが予後の悪い高悪性度の癌の元であることが解り、重視されるようになりました(詳しく・・・

過形成ポリープの重要な特徴は「平坦で正常粘膜と区別がつきにくく、腺腫と比較して非常に見落としが多い」ということです。正確な統計は無いのですが「過形成の見落とし」は「腺腫の見落とし」の10倍以上の頻度と予測します。

そして過形成ポリープが多発するSPS症候群(Serrated Polyposis Syndrome)という病態があります。SPSの方は(1)大腸癌になり易い(2)大腸以外の全身の癌になり易い(3)家族も癌が多い、癌家系である・・・という特徴があります。

2010年頃までは「SPSは非常に珍しい。」というのが世界中の常識でした。腺腫が多発する「家族性腺腫症」が古くから認識されていたのとは対照的です。

2016年以降から、「精密な観察をするとSPSが予想外に高頻度に見つかる。実は、そんなに稀ではないのではないか?と」いう報告が、相次いでいます


まずは海外の報告から
SPSという概念が最初に報告された頃は頻度は3000人に一人(0.03%)と言われました。しばらくの間、この数字が一般的な頻度・代表的な数字と見られていました。(文献
2016年にはSPSをa silent killer when undetectedと呼ぶ論文が出て,SPSの専門家が「実は見落とされている場合が多いのでは?」と警鐘を鳴らしました
2017年、欧州の共同グループは「SPSの頻度は0.8%に達する」と報告しました
2017年にはSPSよりも診断基準が緩いmultiple serrated polyps(MSP)という概念を提唱する報告がスペインからありました。MSPの癌のリスクはSPSと同等(つまり、臨床的取り扱いは同じ)であり頻度はSPSの3倍です。
つまり、従来のSPSにMSPを加えた「過形成ポリープが多発する癌の高危険群」の人は、従来、考えられていた頻度の、4倍=全体の3%くらい存在するのではないか?という主張です。


次に日本の報告から
2013年 広島大学のグループは「SPSの頻度は0.014%」と報告しました
2015年、国立癌センターは「全大腸に色素散布をして超精密観察をするとSPSの頻度は8.4%になる」と報告しました

この報告から単純に広島大学の観察が雑であり、国立癌センターの検査は完璧であると判断するのは誤りです。広島大学の報告は医師がSPSを認識しなかった頃の古い記録、実に7万人の記録を再調査した貴重なものです。日本の多くの医療機関で日常的に施行されている大腸内視鏡ではSPSの頻度は広島大学の0.014%よりも低いはずです。一方2015年の癌センターの報告はSPSを調べるために,250人に試験的に超精密な検査を行ったものであり日本の通常の医療の実情とは大きく乖離しているものです。

       
       
   Under-diagnosed Silent Killer=深部結腸・過形成ポリープ


さて・・以下はかなり個人的見解を含んだ考察です。

スペインの報告にあるmultiple serrated polyps(MSP)の方に、国立癌センターで行ったような「試験的超精密観察」を行えば、微小な過形成ポリープが追加で多く見つかり診断はSPSに変わるはずです。

つまり、以下のような結論になります

「超精密観察」を行うと、スペインでは3%、日本では8%の人が「過形成ポリープ多発症(SPS症候群)」であることが解る。この方たちは本人、家族に大腸癌及び、それ以外の癌が多い「癌体質」の人たちである。問題は、その多くが「通常の検査で見落とされている」という事実である。腺腫多発症の方が通常検査で、見落とされることは無いが過形成は非常に見落とされやすい。更に過形成が癌化すると腺腫の癌化よりも予後が悪い事が解っている(資料)。以上を考えると、SPSが「最も危険(silent killer when undetected)」である。

このような「超精密観察」は、欧米ではHigh Quality Colonoscopyとか Comprehensive colonoscopy と呼ばれますが、日常的に施行されている大腸内視鏡とは全く別の物です。超精密観察をおこなうと、通常検査とは「違う世界」が見えてくる訳です。

当院で2015年から試験的に行っている「60分精度保証型検査」も、同じ範疇に入るものです。この方たちのデータは、いずれ「超精密検査による大腸癌予防効果・長期予後はどの程度か?」という趣旨でしかるべき形で報告するつもりなのですが、この超精密検査ではポリープ多発症(腺腫多発症、過形成多発症、両方多発症)の方が従来よりも、はるかに多く見つかっており、SPSの方も上記の国立癌センターの報告に非常に近い頻度で見つかっています。違う点は癌センターは全て下記(2)タイプですが、当院の超精密検査で見つかったSPSの方の半分は(1)タイプ、半分が(2)タイプです。

しかし全員の検査を60分かけて施行はできません。通常検査で、multiple serrated polyps(MSP)と診断される方をSPSと同じように扱う(SPSと見なす)ことが実際の臨床では重要です。そのような方には癌体質であることを警告し、アスピリン服用の検討を勧めることに重大な意義があります。このような方法で「ハイリスク・グループ」の方を正確に選別することで、より効果的な大腸癌予防が可能になると私は考えています。

参考
WHO criteria for SPS診断基準
(1) ≥5 serrated colon polyps proximal to the sigmoid colon with 2 or more of these being >10 mm; (2) any number of serrated polyps proximal to the sigmoid colon in an individual who has a first-degree relative with SPS; or (3) >20 serrated polyps of any size distributed throughout the colon (not all in the rectum).