PCにMP4動画再生機能が無いと再生されません。YouTubeで、ご覧ください



精度保証内視鏡の解説 要約版


内視鏡検査後に発生する大腸癌の原因は「ポリープの見落とし


2当院は「精度の改良」を進めた結果、2015年以後は内視鏡後の大腸癌は無くなり2018年からは「補償制度」を開始。


32018年3月〜2023年11月で、14,344名が 精度保証内視鏡を受けました
当院の内視鏡後の大腸癌の発生数
請求・支払いの件数
0名
 日本のトップ レベル医療機関
同数の方が検査を受けた場合
厚生省研究から1/700の予測値
 20名

4内視鏡後の大腸を無くすには「ポリープ発見率」と「観察時間」が重要

 



530分以上観察時間を保証( 一般的な医療機関の観察時間は5分前後)。


検査後に「観察時間(抜去時間)」を記録した写真をお渡しします。



6大腸内視鏡の意義は「癌の発見」ではなくて「癌の予防」にある