洗浄不良だった方へ・・・・・次回の検査の際は以下のような対処法を御検討下さい

(1)食事制限(野菜・果物・繊維の制限)を2〜3日前からしていただく

(2)市販の下剤を2〜3日前から服用していただく

(3)早めに来院して待合室で1〜2リットルのマグコロール液を追加で飲む(予め追加分を御自宅へ郵送するのは難しいです。予約時に郵送されるマグコロールが薬事法上の上限量だからです)

ほとんどの方は(1)〜(3)で十分な洗浄効果が得られるはずです


高度の便秘症の方は・・・・

(4)更に強力な方法として・・・予約の時に御名前の前に(倍)と記入してください

マグコロールの倍量の効果のある「モビプレップ」を御送りします
ただしモビプレップは洗浄効果が高いのですが「不味い。飲みにくい」と味が不評です



再検査の時期については、こちらをお読みください


更に・・・・
超・便秘症の方で下剤が非常に効きにくい方は・・・・(4)と(3)を併用してください

ちなみに院長の鈴木はいつも6リットルを飲んでいます(院長・鈴木の大腸検査の動画

<重要!!>
予約時に郵送される下剤には「これを飲めば完璧に洗浄されます」という意味はありません。健康保険法、薬事法、薬剤添付文章などで法的に役人と製薬会社が決めた上限量にすぎません。多くの方が「もう飲めない」と感じる量ですから「現実的な量」なのですが、決して高精度の検査には理想量ではありません。

「これだけ飲めば完璧に洗浄される」、という上限は絶対にありません。例え、10リットルを飲んで、便が完全に透明な水になっても大腸の一番奥(上行結腸)のひだの間には残渣がまだ残ります。

当院が推奨するのは(3)の方法です
検査の進行具合にもよりますが大抵の場合は待合室で1時間前後の待ち時間が生じますので、ここで1〜2リットルのマグコロール液を追加で飲むのは非常に合理的です。

<よくある質問>

Q:前回の検査で洗浄不良と言われたのですが、最後の排便は透明でした。何故ですか?
   A:これは、よく起きます・・・
残便が上行結腸のカーブを超えないために、上行結腸より、肛門に近い方は綺麗に洗浄される(便は透明になる)のですが、上行結腸に便が残ってしまうのです。
洗浄不良とは大部分が「上行結腸の洗浄不良」である場合が多いです。

確実な対策は・・・・ありません。

便が透明になっても、安心せずに更にダメ押しで洗浄液を飲んでいただく、しかありません。