ここでは、私(鈴木)自身の大腸検査の記録を公開しています。2回目以降は、当院にて私自身が検査を施行しています。
(処置する器具も、内視鏡の消毒も患者さんが当院で受ける場合と全く同じです。)

第1回目
2001年
動画無し 
 開院する直前に信頼しているベテランの専門医に依頼しました。診断は「異常無し」でしたが「腸が非常に長く、洗浄が不良」とのコメントをもらいました。
 第2回目
2011年
セルフ
内視鏡
 そこで、2回目は洗浄液を6リットル飲み、自院での「セルフ内視鏡」に挑戦しました。横行結腸が非常に長く、挿入は難航し20分ほどかかりました

結果は・・・3個のポリープをホットバイオプシー法で切除しました。最後の病変は直腸・S字移行部の「屈曲部」にあり処置の難しい病変でした。
  第3回目
2012年
セルフ
動画無し
 1年前に切除した病変が「処置し難い」場所だったため、不完全切除(再発)の可能性が無いか、確認の検査を翌年に施行しました
結果は「異常無し」でした
残念ながら今、動画ファイルを探しているのですが見つかりません。
  第4回目
2017年
セルフ
前回より5年後フォローとなる検査をおこないました。

挿入部分のみの無編集の動画(約20分)は、こちらにあります。
結果は・・・微小な過形成ポリープ1個のみを切除しただけでしたが、腸管洗浄液を6リットル飲んだにもかかわらず、腸内に粘液が残っており「前処置不良」でした。この前処置ですと、1〜2年以内に再検査が必要だと考えます(涙)。動画をアップすべきか悩んだのですが、前処置で苦労している患者さんの励みになるかなと・・・
 次回予定
2018年〜
2019年頃
 今後も検査終了後に、動画をアップロードしていく予定です
現在2017年の検査で、洗浄不良(粘液残存)となった原因と対策を検討中です。
私がセルフで検査を施行し動画をアップする理由
残念ながら大腸内視鏡は「完成された検査」とは言えません。様々な問題点(欠点)を抱えています。「腸管洗浄の問題」「洗浄不良による見落としの問題」「屈曲部の観察の死角の問題」「十分な観察時間を確保できない問題」などです。私自身が自分の検査を施行して、これらの「大腸内視鏡の問題点(欠点)」を患者さんと共有し問題の解決の方法を試行錯誤していきたいというのが、私の考えです。

尚、私が患者さんに検査している動画は、こちらにあります。これは知人が被験者になった時に撮影の許可を得たもので1999年に公開した学会発表・動画です