研究への御協力の御願い

当サイトで紹介していますように、当院は現在「高精度の内視鏡を施行することで内視鏡後・大腸癌をゼロにする」という試み(精度保証・内視鏡)を行っております。

今まで世界中で多くの臨床研究が行われましたが内視鏡後・大腸癌をゼロにすることに成功した報告は皆無です。

この試みが大腸癌対策に与える影響は大きいものであり、データが揃った暁には、しかるべき形での公表を予定しています。

患者さんのデータは、もちろん、御名前は完全に秘匿しますが、「カルテ(診察券)番号と内視鏡の写真」を利用させていただきます。

これは、「腺腫発見率」や「検査を受けた方リスト」や「大腸癌最新情報」に、あるような使用法になります。

これは「データの信憑性」を担保する意味もあります。「カルテ(診察券)番号」は健康保険の請求にも使われる、半ば「公的な数字」ですので、この数字を開示することで医師はデータの捏造・水増しが出来なくなるからです。

以上が当院からの御願いですが、ご了解いただけない場合は、検査の時に、御遠慮なく、その旨をお伝えください。