ITで大きく変わる大腸内視鏡

 昨年の10月にオリンパスの新型スコープ(1500型)を導入した記事を紹介しました。この新型には重要な、IT技術(TXIとAI診断補助)が利用可能です。今回は、この新技術の記事です。

 革命を起こすTXI
TXIは、「画像の構造を強調する」技術です。これは特別に目新しいものではありません。パソコンの画像編集ソフトや、スマホのアプリでも御馴染みの技術です。しかし、「どのような構造強調が実際に、内視鏡に一番、合うか?(強すぎると不自然になる!)」は、難しい(アナログな)課題です。オリンパス社は数タイプのTXIモードを用意しました。半年間の試行錯誤の末、今では下記のモードがベストと判断しました。そして今では「TXI無しの内視鏡は不要(フルタイムTXI)」というまで常用しています。

以下に実例を挙げます
写真だけ、見ると「言われてみるとTXIの方が認識しやすい。でも僅かの差」と感じるでしょうが、この「僅かの差」が、人間の脳での検出には大きな差になります。青い色素(インジゴ・カルミン)が非常に強調され、粘膜の凸凹が明瞭になるのが特徴です。
 通常観察  TXIモード
青い色素は追加していません
 
他の写真
 通常観察  TXIモード
青い色素は追加していません
 
   
 
   
   
 
   
   


 AIは、まだベテランに有益なレベルではない。
オリンパス社のAI(EndoBrain)は、現時点で世界で最も高性能な内視鏡診断AIです。「内視鏡AIは初心者の検査の補助・教育に有益」というのは当初から予想されていました。

しかし、私の使用経験では「ベテランでは逆にAIが集中力を邪魔し、検査の精度を落とす。有害無益である。」と結論し、AIの導入を見送ることとしました。

「ベテランにも有益なAI」の登場には、まだ相当の技術革新が必要と感じました。

 ITは内視鏡を大きく変える。しかし、技術の熟成には想像以上に時間がかかる
オリンパスの内視鏡には昔から「構造強調機能」が付いていましたが、今回のTXIで、ようやく完成のレベルになったと感じます。一方、AI診断補助の方は「まだまだ」です。ITの進歩は早いのですが、これが内視鏡というヒューマン・インターフェイスの医療機器で実際に有効になるには、相当な熟成時間がかかる訳です。