TSA型Hyper(左側の過形成ポリープ)の切除

左側(直腸・S字結腸)の過形成ポリープは無害な病変(過形成結節)が多いです。

しかし頻度は低いのですが左側にも「急速型に癌化する過形成ポリープ(TSA Pathway)」と思われる病変が散見されます(下図)し、これが「左側の内視鏡後・大腸癌の犯人」だろうと予想されています。

直腸・S字結腸の過形成ポリープを見たら「過形成結節とは断言できない。TSA型を完全に否定できない」と判断したら積極的に切除します。




一見すると「普通の直腸・過形成ポリープ」なのですが実は癌化の直前の病変(High grade TSA)でした。